てくてく武蔵野(1)下高井戸~玉川上水跡

このブログは本来、鎌倉あるきに励むために起ち上げたのでしたが、
なんとまあ、また新しい試みが加わってしまいました。
脚は2本しかないのに、どうしましょう。

新しい試みでは、武蔵野を歩き回っていきます。
第1回は4月29日(日)京王線下高井戸駅で下車し、あたりを歩きました。

なぜ29日だったのか、なぜ下高井戸なのか、そもそもなぜこの企画が始まったのか、
などなど、詳しい記録は、私たちのホームページにHeroさんがアップしてくださっています。
→ 新百合AOI倶楽部電子版 http://park19.wakwak.com/~haiku575/

e0268291_2264737.jpg


ここはかつて、玉川上水が滔々と流れていたところ。
今では暗渠となって地をくぐり、地上は公園になっています。

ちょうど八重桜が落花盛んなころあいでした。
流れは姿を消してしまいましたが、どの花も、かつての流れに向かって枝をさしのべているような姿をしています。

  花の枝地中の水を聴くやうに    正子
  地をくぐるかつて落花をうけし水 

今日の句には、暗渠という言葉を使うか使わないか、迷っています。
暗渠と言ってしまえば、明白なのですが。

  地をくぐる水をおもへる遅日かな   正子  

今年は「花を待つ」時間も堪能しましたし、
目黒川では開き行く桜を、鎌倉では山桜を、御嶽行きでは巻戻っていく桜を味わいました。
そして、仕上げは今日の八重桜の飛花落花……贅沢な春でした。

   
                                               (髙田正子)


        
                           ♪
                           ♪
[PR]

by shinyurikara | 2012-04-30 22:03 | てくてく武蔵野  

<< 故きを温ね(2)亀戸天神 ご近所めぐり(4)オオカミをさ... >>