故きを温ね(6)竹ノ塚

2012年7月7日(土)。七夕。

廣重が描いた江戸の七夕図絵にひかれて、竹ノ塚へやってきました。

東武伊勢崎線のこの駅は、乗り過ごすと次は埼玉、草加になります。
路線図の前で、束の間はるばる感にひたっておりますと、岐阜からいらしたAneさんとばったり。

「おはようございます。はるばる(!)ようこそ~」

朝の雨はあがったようです。
鈍い光の中を、初めての町へ踏み出しました。

それにしても七夕といえば雨。
旧暦の行事を新暦の生活感でとらえているのですから、ひずみがあって当然ですが、
夏なのか秋なのかという、根幹の部分が怪しくなるのが辛いところです。

  七夕の朝約束のやうに雨   正子

駅を西側に出ますと、東岳寺という、たたずまいの美しい寺があります。

e0268291_1202725.jpg


もともとは浅草にあったそうですが、今、廣重はこの地に眠っています。

  廣重の墓へ手ぶらの涼しさよ   正子

しかし墓に真向かうや否や、ぅわんと藪蚊に取り巻かれました。
手ぶらを詫びて早々に退散。
それでも何匹かは連れて出てしまったようでした。

この町には、東岳寺だけでなく、都心から数多くの寺が移ってきています。
関東大震災、東京大空襲、……おそらくそういう機縁で生まれることになったのであろう、寺町と呼ばれる一画もあります。

祀られた魂も、祀られぬままになった魂も漂っているかもしれません。
私は鈍感でしみじみよかったです。

  寺町の青水無月の石畳   正子

それにしても、七夕飾りをとんと見かけぬ1日でした。
幼稚園もありましたが、土曜日でお休み。
たぶん昨日「たなばたさま」を歌って、片づけてしまったのでしょう。

そういえば朝、駅前の昭和風の商店街を抜けるとき、花屋に小さな笹飾りがありました。
ちょうど電話がかかってきたので立ち止まったのですが、
そんなことがなければ見過ごしてしまうほど、可愛らしい笹でした。

  人待つて七夕竹と吹かれたり   正子


                                        (髙田正子)


                    ♪
                    ♪
[PR]

by shinyurikara | 2012-08-04 12:05 | 故きを温ね  

<< 故きを温ね(7)祇園御霊会〈1... 鎌倉あるき(3)松葉谷(まつば... >>