てくてく武蔵野(3)御嶽渓谷

1999年に起ち上げた新百合AOI倶楽部は、
学齢期の子どもたちの日常に合わせ、
学校が長期休暇に入れば当然のようにお休みとなりました。
いつしか子らは皆おとなになりましたが、
暑さがこたえるようになったおとなたちのために、8月はやはりお休みであり続けているのでした。

ではありますが、8月29日(第5水)、
HEROさんがタブー破りの吟行計画を立ててくれました。
行先は御嶽渓谷。
この春、オオカミをたずねて山上を目ざし、やってきたところです。

集合場所は川井。
御嶽の1つ先の駅です。
さらに1つ先は鳩ノ巣。東京のメンバーが「遠足で来たわ」と懐かしがっていました。

  石走る仙人草を車窓より   正子

予定の電車を降り立った一行は11人。
あれ? 幹事のHEROさんだけがいません。
後でわかったことですが、そのころHEROさんは、沢井(御嶽の1つ手前)で「誰も降りてこない!!」と1人焦っていらしたのでした。

だって、案内に川井ってあったんだもーん。
沢井で降りていたら、澤乃井で利き酒ができたんですって。まあ残念。

というわけで、お互いに御嶽を目ざして歩くことになりました。

ひとり黙々と上流を目ざすHEROさんと、大勢で気ままに下る私たち。
どちらが早く御嶽に着くでしょうか……なんてことは火を見るより明らかで、御嶽に着いたHEROさんは更に上流を目ざすことに。
いえね、私たちも水際の道に降りられるまでは、せっせと歩いていたのですよ。

e0268291_14434735.jpg


川井と御嶽のほぼ中間地点で、上流を見たところ。

さすがに御嶽にはファミレスの類が無いので、
HEROさんは句会場として旅館の1室を確保してくださっていました。
予約の時刻まであと1時間ほど。

e0268291_14445152.jpg


しずかに句作に励む人も、水辺に降りて裸足になる人も。
私は岩鼻に坐り込んで、ときどき居眠りながら、とんぼを見る人になりました。

  赤とんぼとどまる高さ飛ぶ高さ   正子
  水澄んでいつか身に棲む水の音

旅館へは渓谷から急坂をのぼります。
句会場は2階の、川に臨む1室でした。

お子さまタイムから抜け出せない私たちは、今日も日のあるうちにここを去ります。
でもいつかきっと。

  川に向く窓開け放つ星月夜   正子

そのときには利き酒もね。
                                (髙田正子)


                 ♪
                 ♪
   
  
[PR]

by shinyurikara | 2012-09-02 11:16 | てくてく武蔵野  

<< 故きを温ね(11)芝愛宕山 てくてく武蔵野(2)古利根 >>