<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

故きを温ね(5)蕗谷虹児記念館in新発田

2012年6月17日(日)。父の日。

夫も父も放って、私は新発田にいました。
夫のほうは、娘ふたりでなんとかしてくれることでしょうが、父には本日着でパジャマを手配したきり。
親不孝な娘でございます。

新発田へは、藍生の全国大会のために参りました。
当初17日は、福島潟へ行くつもりでいました。
が、急遽予定変更して、やって来たのは市内の蕗谷虹児記念館です。

e0268291_0204591.jpg


図書館の四角いビルの裏手に、変わった形の建物が見えます。それが目指す記念館でした。
瀟洒な扉を押すと「花嫁人形」のメロディが流れています。

三三九度の盃を手にする「花嫁」の絵が、入口すぐに掛かっていました。
切手にもなった有名な絵ですが、原画で見るとまるで違った印象です。
ポスターカラーでぺったり彩色されたイメージを抱いていましたが、絹布に繊細に色を重ねて仕上げられた、細密なものでした。
右目が少し腫れぼったく見えますが、伏せたまつげの先端に涙が一雫……。
虫眼鏡を手に、ぐぐーっと寄らなければ見えないほどの、かそけき雫でした。

この花嫁のモデルは、虹児が13歳のときに29歳で亡くなった実母なのだそうです。
絵を描いたとき、虹児は70歳。
ちなみに「花嫁人形」の詩を書いたのは25歳のとき。
虹児は生涯、母の面影を追っていたのかもしれません。

17歳のときに下宿先の人妻と問題を起こしたり、最初の妻と別れて娶った二度目の妻が自身の半分くらいの年齢だったり、まさに『源氏物語』の世界だと思いました。

私は女の身ゆえ、顕れ方は異なりますが、母に死なれることの痛さはわかります。
そういえば、例年6月のこの時期に開かれる全国大会へ参加するときには、かつては1日早く出て実家に寄ったものでした。

あるときは韜晦気味の母が「病人と呆け老人の住む家」などと言うものですから、

  老いてゆき青水無月を病みてゆき  正子

と詠んだこともありました。

そうなのです。
まったく予測していなかったことですが、私も母恋モードに陥ってしまったのでした。
今日感じ取ったものと波長を合わせると、いわゆる吟行句にはなりません。
まずいなあ。
なぜならこのあとの句会には、まさに吟行句が並ぶことになるに違いありませんから。

  振り向かず青水無月の夢の母   正子

e0268291_2350581.jpg


虹児はアール・ヌーボー調のペン画もたくさん遺したそうです。ペン画の絵はがきばかりを購入する私に、対応してくださった女性が、
「9月にはペン画ばかりの展示会をするのですよ。どうぞお越しください」と。

それもいいかもしれない。                
                                        (髙田正子)


                        ♪
                        ♪
[PR]

by shinyurikara | 2012-06-22 00:26 | 故きを温ね  

故きを温ね(4)堀切菖蒲園

2012年6月4日(月)。
小田急線、東京メトロ千代田線、京成線を乗り継ぎ、川を幾筋も渡って堀切菖蒲園へ行って参りました。

今年の定点観測地である生田緑地にも、入口に菖蒲園があります。
季節を問わず、ここを通って奥へ行くのが常ですが、今年は花の盛りをはずしてしまいそうだと思っていました。

伊勢菖蒲、肥後菖蒲、そして堀切菖蒲が花菖蒲の3大系統と聞きます。
おお、そのような由緒正しき地を訪ねることになろうとは。
しかも、ちょうど最初の花が咲き揃ったところのようでした。
朽ちた花は1つも無く、花の下には明日にも咲きそうな莟が整い、輝いておりました。

  次の花尖らせてゐる菖蒲かな   正子

入口すぐの一画には「一番田」と立札がありました。
私は途中で数が分からなくなりましたが、十三まで数えた人も。

e0268291_1157830.jpg


花菖蒲には、1株1株に素敵な名がつけられています。
これは「江戸紫」。

e0268291_11575097.jpg


「鶴の毛衣」というのには、少し首をかしげましたが、こうして後で見てみますと、なるほど毛衣です。

e0268291_124740.jpg



「愛知の輝」という株も。
葉も少し黄が勝っています。
名古屋城の金のしゃちほことイメージを重ねましたが、名付け親の心はいかに。

e0268291_1159383.jpg



菖蒲園をめぐる水路には、萍がびっしり。

ふと不思議な生物の不思議なしぐさに気づき、よくよく見ますと、亀でした。
亀が直立して、前足で宙をかいているのです。
頭にも甲羅にも萍がついて、迷彩模様のようになっているので、とっさに何者かわからなかったのでした。

見とれているうちに、亀は再び水へ。
なぜ撮っておかなかったのでしょう・・・!?
それより先は、亀が気になって気になって、ずっと水路ばかり見て歩きました。

最後にやっと撮れた1枚。

e0268291_1204274.jpg


  覗き見るなら萍の合間より  正子

今日、私は何を見に行ったのでしたかしらね。         (髙田正子)

                 ♪
                 ♪
[PR]

by shinyurikara | 2012-06-06 12:11 | 故きを温ね