<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

ご近所めぐり(6)黒川 蛍の谷戸に棲むものは

6月27日(水)。
梅雨の晴れ間とは、まさにこういう日。

小田急線新百合ヶ丘近辺にも、青田の広がる地域がありますが、
多摩線に乗って黒川あたりまで来ると、自分が今関東圏にいるということを忘れます。
月半ばに新潟の青田を見たばかりの目には、規模の違いは明らかですが、
丘のような山を背に、家の前の田畑を耕すといった風情は、私が生まれ育った田舎とまるで同じ。
ここの空気はやすらげます。

その地へ、今日は蛍吟行にやって参りました。
日のあるうちは青田を吟行し、
そののち腹ごしらえして、降りてくる闇に紛れようという計画です。

午後すこし遅めの集合時刻に、黒川の駅に出迎えてくれたのは、
今日の案内人と愛犬すずまるクンです。

「うちにも“すず”のつく手のかかるヤツ(=長女)がいるよ~」
「あらあ。すずまるは寿々丸って書くのよ」
「うちのすずはね……」

すず違いで親近感を抱く訪問者でしたが、寿々丸くんはお尻を向けてしらんぷり。
柴犬だけあって、くるりと巻きあがった尻尾が自慢! なのかもね……。

e0268291_142498.jpg

                           photo:寿々丸ママ(2枚ともに)

青田の道もマイペースの寿々丸くん。
でもそうこうするうちに、私は気づきましたよ。
少し遠目の関係に立つと、目を合わせてくれるということに。

e0268291_143319.jpg

                                      
   愛犬はおほかみのかほして涼し    正子

柴犬は、古くからの血を受け継ぐ古代犬種の1つといいますから、
ご先祖の狼の血が濃いのかもしれません。
遠くの寿々丸くんと目を合わせながら、
今年の春、私たちのグループが追いかけたオオカミの一部始終を思い出していました。
   ※参照→ご近所めぐり(3)(4)オオカミをさがして

聞けば、この近くにオオカミヤトと呼ばれる谷戸があるそうです。
今宵向かう蛍の谷戸で、もし黒い影とすれ違ったら……。

蛍を一つつけていたら、そうかもね。


                                       〈髙田正子)


                    ♪
                    ♪
[PR]

by shinyurikara | 2012-07-02 14:16 | ご近所めぐり